ホーム> パソコン全般 > | パソコン関係 > 2in1のOSにはパソコン型とタブレット型がある

2in1のOSにはパソコン型とタブレット型がある

2in1にも通常のパソコンと同じようにOSがついています。ですが、中身を動かしているOSにはパソコン型とタブレット型のものがあることについての話です。

■2in1のOSの現状
2in1にはパソコンとタブレットのどちらかのOSが使われています。
OS自体、どちらが優れているのかといえば、それはパソコン型になります。
しかし、それもそのOSに見合うCPUやらのスペックがあればこそです。
標準価格帯の2in1で、パソコン型のOSを積み込めばとても実用に耐えません。
現状、WindowsのOSを積んだ2in1は少なくなっていて、主流はAndroidやiOSになりつつあります。

■パソコン型とタブレット型の違い
パソコン型は汎用性が高いですが要求スペックが高くなります。
それに比べてタブレット型は自由度が低いですが要求スペックはそれほどではありません。
また、パソコン型はCore iなどの高い能力を持つ高いCPUが必要になります。
しかし、タブレット型はAtomなどのものになり価格はそこそこ位です。

■パソコン型のOSには数多のアプリケーションがある
通常のパソコンには多くのアプリケーションが使えます。
タブレット型のOSで利用できるアプリケーションにはパソコン型ほどの自由度はありません。
使い慣れた愛用のソフトがある場合、タブレット型では途端に不便に感じてしまいます。

■CPUは性能良いのにこしたことはないのだが
2in1のOSにはCPUが大きく影響してきます。
Core i7にできてAtomにできないことは多いですが、その逆はないです。
ですが、そんな薄型の2in1に入れられるCore i7なんて高くついてしまいます。
2in1がノートパソコンより本体機器の機能が制限されています。
なので真性のWindowsを入れることに拘る必要は薄いと感じます。

はてなブックマーク livedoorクリップに追加 Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク Buzzurlにブックマーク

アーカイブ

ホーム> パソコン全般 > | パソコン関係 > 2in1のOSにはパソコン型とタブレット型がある

おすすめパソコンメーカー
おすすめプロバイダ
おすすめレンタルサーバー
おすすめSSL証明書代理店
おすすめネットバンク
アフィリエイト(ASP)
フィード
Follow me
QRコード
ブラウザ環境でうまく表示されません。

このページの最初に戻る