スマホ決済アプリの電子マネー

レジの清算がスマホでできるのがスマホの決済アプリです。その電子マネーについての話です。

■使える電子マネーの候補
人にもよりますが、大きく分けて、利便性のSuicaなど交通系、ポイントのnanacoやWAONなど流通系、独立系・ネットサービスに強いEdyなどになるでしょう。

■電子マネーの種類
電子マネーといっても各サービスで提供しているので、種類が豊富です。
その中で主に交通系と流通系が大きな括りになっています。
流通系には主にセブンイレブン・イトーヨーカドーなどがグループのnanacoやイオングループのWAONといった派閥があり、どうしても複数の電子マネーを利用することが多くなります。

■交通系の利便性
便利なのは圧倒的に交通系です。
なにせ、交通系は元々、その地域独自に普及していったもので、それが今では他の地域でも相互利用できるように提携しているので、大概の場所で使用できます。
ただ、流通系に比べれば、ポイント関係が渋くなるので、利用金額の大きい買い物をする場合は分けて利用するのがより良くなるわけです。

■パソリに対応している
電子マネーにはインターネットで利用ができるものもあります。
特にカードリーダーのPaSoRi(パソリ)で利用できるEdy、Suica、WAONは便利です。
ただ、Suicaは無記名式だと、サイトサービスを利用できないので、住んでる場所にもよります。
パソリにはチャージではなく、履歴確認しかできない電子マネーがあることや、iOSではまた条件が違うので、よくよく確認した方がいいです。

■独立系
カードサービスそのものなどが提供していて流通系などにある対立がないのが独立系です。
そのため、コンビニを初め、多くの店舗で利用可能な場合が多く、便利です。
その上、Edyに限ってはネットでも決済に利用できるところが多いので、Suica非対応の地域の人にはメインのカードに使っている人もいるでしょう。

«   »

カテゴリ


PC World