スマホの主な詐欺の手口

スマホはコミュニケーションの手段として多様な機能があります。簡単に第三者とやり取りができるので、危険はあり詐欺などもあります。スマホの主な詐欺の手口について話します。

■フィッシング詐欺
フィッシング詐欺はクレジットカード情報などを盗む行為です。
よくあるのは企業を騙る偽のメールを送って、偽の企業のホームページに誘導するものです。
内容はなんでもよくて、IDのアカウントが無効やら、なりすましを防ぐための確認やらでとにかく個人情報を吐き出させ、主にセキュリティに関する情報を収集します。
ホームページそのものはオリジナルをコピーしているので見分けがつきません。

■フィッシング詐欺の予防法
メールアドレスがどこから漏れているのかはわかりません。
たぶん多くの場合、個人のメールアドレスの流出を防ぐことはほぼ無理です。
ポイントは送信元のメールアドレスとホームページのドメインです。
通常、メールは企業のドメインのものが使われているので、関係のないものは一発でわかります。
また、ホームページのアドレスも企業のドメインでなければおかしいので、それで嘘が発覚します。
ただ、似たようなドメインのものが使われることも多いので、怪しいと感じたときは本物のサイトに移動して確認した方がいいでしょう。

■ワンクリック詐欺
ワンクリック詐欺は支払いを承諾していないのに料金請求の画面が出現するものです。
あるホームページを閲覧していたら、脈絡もなく現れます。
一般的に年齢制限のあるようなホームページで起きることが多いです。
このとき、ウィルスに感染してしまうことも多く、その後も何度も問題の画面が出現するので、共用パソコンの場合は周りにバレバレになってしまいます。
ウィルスに感染しているので、料金の支払いに応じても関係なくその後も出現するので、ウィルスを何とかするしかありません。

■ワンクリック詐欺の予防法
セキュリティソフトをインストールしておいて、怪しげなホームページで機能を無効にする類のことを指示されてもしないようにします。
また、万一ウィルスに感染しても無視しましょう。
ただ、勝手に外部と通信をするようなものであった場合、早めにセキュリティソフトで無力化し、それがうまくいかない場合はリカバリも視野に入れることになります。
 

«  

カテゴリ


PC World