電子書籍と電子書店の利用

電子書籍とその電子書店は徐々に利用されていましたが、持ち運びしやすいタブレットの登場によって広く普及しました。

■電子書籍とは
インターネット上の電子書店で購入できる本のデータです。
電子書籍はタブレットによって使いやすく便利になりました。

■紙と比べて
紙と比べてのメリットは嵩張らないこと、紙を傷めないこと、荷物にならない、いつでも読めることです。
デメリットは大データでは読み込み時間がかかること、利用している端末次第では色々と読みにくい場合があります。

■電子書店の所属物
基本的に購入した電子書籍はそのサイトのアプリでしか読みないし、移動できません。
本棚連携できる電子書店のグループであれば例外的に利用できます。

■電子書店の会社が倒産したら
利用している電子書店の会社がなくなっても、どこかに吸収されるかして引継ぎされて存続するんじゃないかと思います。

■電子書店の電子書籍は独自のものである
電子書籍の決まった形式というのはありません。
なので、画質の容量にもそのサイトごとの違いがあります。
ファイル形式はepub(イーパブ)へ統一の動きがありますが、その電子書店の特色のため同じものとは思わない方がいいでしょう。

■電子書籍は目が疲れるのか
初期設定のままだと目が疲れます。
お持ちの電子端末の画面の明るさを設定で不便に感じない所まで下げたほうがいいです。
自分は限界まで下げて利用していますが、問題を感じません。

■同日発売であれば午前0時から読めるが
電子書籍の発売日は紙に比べて1ヶ月・2ヶ月の遅れが出るものがあります。
あくまでも同日発売であれば、午前0時から読めます。

«   »

カテゴリ


PC World