Macへの乗り換えで気をつけること

コンピュータが同じものでもWindowsとMacでは勝手が違っているので、その中でWindowsからMacへの乗り換えで気をつけることを紹介します。

■アプリの終了方法
模様のキーと「Q」を押す。
※Windowsの場合には、そのアプリのウィンドウを閉じればアプリが終了しますが、Macの場合はあくまでウィンドウが閉じただけで、アプリはまだ動作しています。

■なんか変な模様のキーがある。
四つ葉のクローバーのようなマークのボタンは「コマンド」ボタンです。

■バックスペースのボタン
「fn」押しながら「delete」押す。

■日本語の無表記
キーボードに「かな」とか、そういう表記がありません。また、ファンクションキーも違っています。

■日本語入力システムが不良品
素直に他のシステムを入れたほうがいい。

■フォルダーの中身の表示をソートする方法
リストの項目のセルをクリックすればソートされる。

■アプリのインストール方法
たいていインストーラがついてますが、もっと直接的にアプリのフォルダを「Application」フォルダにいれることもできます。

■ファイルの保存場所を見つける
spotlightを使うか、デスクトップに一時保存用のフォルダを作るのもいい。

■デスクトップの下の方で飛び跳ねるアイコン
アプリケーションが起動する際に、(Dockの)アイコンがこのような動作をします。

■WindowsとMac間の文字化け
例えば圧縮ファイルの送付などで問題になることもあります。Mac側で何とかするほうが簡単で、文字化けを防ぐフリーソフトなどで対応ができます。

«   »

カテゴリ


PC World