記憶ストレージのフォーマット

パソコンにはHDDやUSBメモリなどの様々な記憶ストレージがあります。そして、保存形式であるフォーマットがいろいろあります。

■フォーマットとは
パソコンで使用しているハードディスクなどには保存形式があり、それがフォーマットです。
例えば、最近のWindowsパソコンなら、NTFS形式で保存されています。

■大概の外部記憶ストレージは初期状態でFAT32
外付けHDDやUSBメモリなどは初期状態では大概、FAT32になっています。
初期化でフォーマットが変更できます。

■FAT32では駄目なのか
FAT32はWindowsでもMacでも使えますが、1ファイルの容量は最大4GBまでの制限があります。
大容量の動画などを保存したら、あっという間に4GBを超えてしまいますので、変更しておくべきでしょう。

■最初にフォーマットを変更した方がいい
USBメモリ程度の容量なら後でも簡単にフォーマットを変更できますが、大容量の外付けHDDなら、後で変更するのも大変です。

■どうもexFATはあやしい
フォーマットで調べると、exFATというのは良いことずくめだ。
データ速度が速くて、WindowsでもMacでも使えて、1ファイル4GB以上と非の打ち所がない。
が、どうもデータ完全性があやしいということです。
データが駄目になるリスクを考えるとexFATは敬遠、少なくとも常用すべきではないでしょう。

■WindowsならNTFS、MacならMac OS拡張(ジャーナリング)
WinからMac、MacからWinなどにデータの移動はできませんが、利用するならそのOSのフォーマットを利用したほうが問題は起きにくいはずです。

■フリーソフトでOS互換
実はフリーソフトにもOS互換ができるものがありますので、OSのやり取りができないことはないのです。
それでも手間であるのは間違いがないのですが。
 

«   »

カテゴリ


PC World