WiMAX2+サービスの簡単なまとめ

今のところわかっているWiMAX2+サービスを簡単にまとめています。

■WiMAXサービスの予定
2018年にWiMAXを廃止し、2015年から本格的にWiMAX2+に移行することになっています。

■キャンペーン競争
各プロバイダはキャッシュバック、端末機器、初期費用無料、割引などで利用者を増やしています。
性能面で差を生み出せないのでキャンペーン競争になります。
ただ、キャンペーンの中身がよくなると契約の縛りが強くなります。

■実質的な処理能力の差はある
性能面で本当に差がないわけではありません。
データ上の数字は理想上の環境によるものです。
処理を担当する機器が多くのユーザーの通信の負荷を受けると処理能力が大きく落ちてしまいます。
そのため、プロバイダがWiMAXサービスとどれほど契約し、どれほどユーザーに当てているかが実質的な処理能力の差となります。
そのプロバイダの利用者が少なくてもWiMAXサービスとの利用量が少なければ良いパフォーマンスにはならないのです。
とはいえ、大体プロバイダさんは横並びを意識しているはずなので、そこまでおかしなところはないはずです。

■最速220Mbpsで使うルーター
現在、WiMAX2+の最速220Mbpsで使うにはSpeed Wi-Fi Nextシリーズのルーターが必要です。

■2015年春からの速度変更
WiMAXは40Mbpsから13.3Mbpsに下がり、WiMAX2+は110Mbpsから220Mbpsに上がります。
これは今までWiMAXの処理をしていたものをWiMAX2+に振り当てているためです。

■今のところ、速度制限なしはまだない
3日3GB制限が存在し、WiMAX2+の月間速度制限無しプランでもそうです。
 

«   »

カテゴリ


PC World