高速無線通信のWiMAXは徐々に悪化する

今はどこの無線通信サービスも更なる高速通信に取り掛かっている。その中で2015年から特にWiMAXの通信サービスが急に悪化してきたとのことだ。

■WiMAXの高速通信が急に遅くなる
今までWiMAXで別段、不便に感じることもなく快適に使えていた通信速度が急激に悪化した。その理由はWiMAX2+のサービス強化にある。

■通信処理端末をWiMAXからWiMAX2+へ
全国の至る所である一定のエリアをカバーする通信処理端末をWiMAX用からWiMAX2+用へと切り替えているためだ。WiMAX用の10MHzを2個流用してWiMAX2+用の20MHzにしている。

■なぜ最初からそうしなかったのか
今まではWiMAX2+ではなくWiMAX2だった。また、周波数を変更するキャリアアグリゲーション対応端末もなかった。ただ、元々この方向にかじをきるつもりだったようだ。

■サービスはどうなるか
今後も周波数帯の変更は継続されWiMAXのサービスはどんどん悪くなる。2年縛りはあるが今なら無料でWiMAX2+に移行できる。ただ、WiMAX2+では3日間制限が導入され無制限ではなくなるらしく、WiMAXの最大のメリットはなくなる。

■現在の4種類のルーター
ルーターには現在、
A『WiMAX』だけ対応のルーター
B『WiMAX』と『WiMAX2+』に対応のルーター
C『WiMAX』と『WiMAX2+』220Mbpsに対応のルーター
D『WiMAX2+』220Mbpsだけ対応のルーター
が存在しており、今後も快適に利用するならCかDのタイプのルーターが必要になる。



引用:バズプラスニュース Buzz+

«  

カテゴリ


PC World