Windows7のメインストリームサポートが終了

Windows7のメインストリームサポートが2015年1月13日に終了した。全サポート終了まであと5年とのことです。

■延長サポート期間に入る
以降は5年間の「延長サポート」期間となり、延長サポート期間中もセキュリティ更新プログラムの提供は引き続き行われます。

■今後はなにが違うのか
簡単に言えば、メインストリームサポートとは新機能追加を含むサポートで、延長サポートはバグを修正するものです。

■メインサポート
仕様変更、新機能のリクエスト、無償サポートといったサポート。

■延長サポート
セキュリティ更新プログラムの提供と有償サポート。

引用:INTERNET Watch

«   »

カテゴリ


PC World