マイクロソフトはタブレットのWindowsを無償化

米マイクロソフトは2014年4月2日に一部のタブレット端末においてOSであるWindowsを無償提供すると発表しました。

■対象となる製品
普及が著しい画面サイズ9インチ(約23センチ)以下のタブレットや、スマートフォンのメーカーを対象とします。

■無償提供の理由
グーグルやアップルに対抗してシェアを大きくするためだということです。

■マイクロソフトのWindowsの今後
シェアを取るまでは低価格か無料でシェアの拡大に努め、シェアを充分大きくしたら価格を大きく変更させることになるかもしれません。
WordやExcelなどもシェアの拡大前と拡大後では価格を大きく変更しています。
 

«   »

カテゴリ


PC World