Windows XP向けのセキィリティサポートを延長

マイクロソフトウィンドウズのOSであるWindows XP向けのセキィリティサポートが延長されることになりました。

長く利用されてきたXPですが、2014年4月8日に、XPのサポートが切れるのに合わせて、Windows XP向けのアンチウイルスソフトウェア「Microsoft Security Essentials」の配布を終了する予定でした。

ですが、そのアップデートを2015年7月14日まで延長されることになったということです。

現在も国内の少なくない企業でXPのパソコンが切り替えられておらず、サポート終了によるセキュリティの脆弱性が心配されていましたが、部分的な延長によって当座の猶予ができたことになります。

ユーザーからの反発が予想以上だったのか方針を転換したようです。

ただ、サポートが終了したOSに対するセキュリティソフトの効果には限りがあるとしており、 最新版のソフトウェアの使用や最新版への定期的なセキュリティアップデートを推奨しています。

なお、Windows XP向けのセキュリティソフトには、エンタープライズカスタマー向けに配布されている「System Center Endpoint Protection」「Forefront Client Security」「Forefront Endpoint Protection」「Windows Intune」、一般ユーザー向けの「Microsoft Security Essentials」があります。

«   »

カテゴリ


PC World