国内のタブレットOSシェア

タブレットの需要は年々増し、パソコンやスマホについで大きな市場に変化しています。国内のタブレットOSシェアについて紹介します。

■MM総研の国内タブレット端末出荷概況
データはMM総研の11月7日、2013年度上期(4月?9月)の「国内タブレット端末出荷概況」のものです。

■国内タブレット端末出荷概況
出荷台数の総数は342万台で、前年同期比77.2%の増加となった。
ただ、2012年度下期の出荷台数は375万台から8.8%の減少となっている。

■メーカー別の出荷台数
シェア1位はAppleで157.9万台を出荷し7期連続。
2位はASUSで56万台の出荷でシェアは16.4%、自社ブランドの他にGoogleとの共同開発タブレットのNexus 7もある。
3位はソニーで8.6%、4位は富士通で4.4%、5位はシャープで4.1%となっている。

■タブレット端末のOSシェア
iOSが46.2%で1位、次いでAndroidが42.8%となり、Windowsは11.1%にとどまっている。
iOSはシェア1位をキープしているものの、OSシェアの過半数を割り、前回よりもAndroidとの差が縮まっている。

■小型のモバイルタブレットの増加
画面サイズ8インチ未満のモバイルタブレットが数多く登場し市場が急拡大した。

■スマートフォンの需要の安定
同じ携帯タイプのスマートフォン需要が安定しタブレット端末の買い控えが若干起こっている。


2013年度上期 国内タブレット端末出荷台数シェア
引用:2013年度上期国内タブレット端末出荷概況 - 株式会社 MM総研


タブレット端末出荷台数の推移・予測
引用:同上

«   »

カテゴリ


PC World