引越し時のネット回線の途中解約の違約金

プロバイダ・回線などのネット回線の契約には、大概、短い利用期間での変更をやめさせる途中解約の違約金などがあります。引越し時の途中解約について紹介します。

■ネット回線の途中解約の違約金
ネット回線には1年以上の利用期間が設けられていることが多く、設定する利用期間を下回る期間で、解約するとそこそこの解約金を要求されます。

■引越し時の途中解約
通常、引越しでも移転手続きをすれば、途中解約をする必要はありません。
しかし、東日本から西日本、西日本から東日本へと管轄をまたいで引越す場合などは、解約するしかありません。
また、引越し先のマンションなどの事情で、現在利用中のネット回線が使えない場合も解約するしかないでしょう。

■残りの期間の利用料金を支払うことはできないのか
解約違約金が発生しない残りの期間の利用料金を支払う場合、契約回線が残っていると次の入居者が回線を使えなくなるので、やはり解約するしかありません。

■プロバイダを解約して回線料金だけを支払えないか
プロバイダを解約して回線料金の基本料金だけを支払うことはできません。
基本的にプロバイダと回線はセットの商品なのです。

■よくわかっていない販売員や適当なことをいう販売員
もしも契約のときに引越し時の解約のことを聞いても細かい内容までを把握している人は一部の人だけなので、自分で確認しておきましょう。
中には契約優先のため、よくわかっていないことを話す人もいるので、やはり自分で確認しておきましょう。
 

«   »

カテゴリ


PC World