インターネット回線の切断原因

インターネット回線は常時接続しているのが理想ですが、実際は、回線障害などが起きます。インターネット回線の切断原因について紹介します。

■通信障害の原因
ネットの通信障害は回線、プロバイダ、モデムやルータ、パソコンなどの故障や障害によって発生します。

■回線の障害
回線の断線やショートなど物理的な障害が原因。

■プロバイダの障害
プロバイダが通信を規制したり、プロバイダ側のコンピュータが障害を起こしていたりした場合。

■モデムやルータの障害
一番、よくある障害のタイプだと思います。長時間の使用で熱暴走する場合や落雷などで不安定になる場合などがあり、機器を交換することになります。

■パソコンの障害
ウィルス的なソフトウェアやネットワーク系のハードウェアなどによる障害があります。
 

«   »

カテゴリ


PC World