パソコンでブルーレイ3Dを楽しむ

ブルーレイ3Dが一般家電以外にパソコンにおいても普及して来ました。パソコンでブルーレイ3Dを楽しむために簡単に説明します。

■ブルーレイ3Dとは
ブルーレイにおける3D映像コンテンツの総称です。

■3D映像用に拡張
ブルーレイ3Dの物理フォーマットは既存のブルーレイディスクと同じです。
論理フォーマットは3D映像用に拡張され、メニューや映像が3D化できるようになっています。

■従来のものは交換する必要がある
従来のブルーレイ再生機器の殆どはブルーレイ3Dを再生できないため、ブルーレイ3Dを再生できる機器に交換する必要があり、再生ソフトも同様にアップグレードが必要です。

■充分な読み込み速度
ブルーレイが再生できる光学ドライブでも、ブルーレイ3Dが再生できる読み込み速度のものでないと正常な再生が難しくなります。

■字幕やメニューの配置の調整
ブルーレイ3Dでは映像面で拡張され、HD映像はそのままに、3D映像に合わせて、メニューや字幕の位置が調整されます。

«   »

カテゴリ


PC World