Windows 8のライブタイル

Windows 8にある大きな特徴の1つにライブタイルが使われていることが挙げられます。Windows 8のライブタイルについて紹介します。

■ライブタイルとは
アプリが起動していない時でも、スタート画面でニュースや天気、メールなどの情報が表示されます。

■単なるアイコンではない
スタート画面に並ぶアイコンは、単にアプリを起動するためのアイコンではなく、リアルタイムに情報を知らせてくれます。

■ライブタイルの無効化
常に情報をチェックできて便利だが、持ち歩いて使うタブレットなどの場合、メールやSNSの情報などを人に見られたくない場合には、ライブタイルをオフにすることもできる。

■ライブタイルは複合型
ライブタイルは、テキストか画像のみ、あるいはそれらを組み合わせた複合型がある。
例えばTwitterのライブタイルなら、発言者や関連画像のサムネイルと一緒に、テキストの冒頭文が表示されるといった構成ができる。

■アニメ表示やライブアップデートにも対応
アニメーション表示やライブアップデートもでき、そのライブタイル次第で、見栄えのいいスタート画面にできる。

■セカンダリタイル
タイルは1アプリに複数のタイルをスタート画面上に並べることができ、「セカンダリタイル」と呼ばれる。
天気予報表示アプリなら同時に複数都市の情報を一覧できるようにできる。

«   »

カテゴリ


PC World