HDDなどのストレージのデフラグ

HDDなどのストレージは最適化というデフラグが実行できます。HDDなどのストレージのデフラグについて紹介します。

■デフラグとは
空き領域の断片化を解消することをいいます。
ディスクに対して書き込みと削除を繰り返し行うと、スペースが不連続になり、細分化されてしまいます。
これは、処理や移動量の増大と読み書き速度の低下につながり、ヘッドの移動で物理的な故障を誘発します。

■Vista以降の自動デフラグ
Vista以降では設定を変更していない限り、自動でデフラグされます。
プロパティから最適化を実行して待つ必要がありません。

■過剰アクセスによる寿命の減少
ハードディスクを無駄にアクセスさせるとやはり寿命が減少するといわれています。

■デフラグの自然な利用
デフラグは、まったく利用しなくても過剰に利用してもマイナスになるようです。
自然な利用回数に抑え、自動設定を特に変える必要もないでしょう。
 

«   »

カテゴリ


PC World