Windowsアップデートの実行

Windows OSはサポート期間中であれば、定期的にアップデートによる更新ができます。Windowsアップデートの実行について紹介します。

■Windowsの定期的なアップデート
Windowsのセキュリティホールなどを定期的に修正するアップデート。OSのバージョンごとにサポート期間が存在し、古いバージョンは更新が終了して、脆弱性が修正されない。

■利用率が高く標的の的になりやすい
マイクロソフトのWindowsは日本では利用率が9割前後と高く、世界でも利用率は高いので、セキュリティホールの脆弱性が攻撃される場合が多い。

■Windowsのアップデート通知の表示
セキュリティホールを修正させるため、鬱陶しいくらいアップデートのポップアップが表示されます。

■終了したWindowsのサポート
Windowsのサポートが終了すると、そのWindowsのOSのバージョンの更新が作成されず配布されなくなります。

■アップデートによるシャットダウンの時間増
たくさんの更新ファイルがあると、シャットダウンの時間が大変長くなります。
 

«   »

カテゴリ


PC World