HDDなどのストレージのRAID

HDDやSSDなどのストレージを複数台使って処理するRAIDと呼ばれる技術があります。HDDなどのストレージのRAIDについて説明します。

■ストレージのRAID
HDDやSSDなどの複数のストレージの使用で、障害時の安定性やアクセスの高速化を行う技術です。

■障害時の安定性
1台目のストレージが故障しても、2代目のものが保存してあるデータファイルを守ります。
主なRAID方式としてRAID1、RAID01、RAID10、RAID5があります。

■アクセスの高速化
読み書きによるアクセスは、CPU、メモリ、GPUなどの動作速度と比較すると遅く、システムを稼働する上でのボトルネックとなので、ストレージのアクセスの改善で、パソコン全体のパフォーマンスが向上します。
主なRAID方式としてRAID0、RAID01、RAID10、RAID5があります。

■RAID0のストライピング
2台以上のストレージを用い、データを分散して書き込む事により高速化を行います。
安価でストレージの高速化を行えますが、故障がでるとデータが全滅する可能性がありますので、頻繁にバックアップを行いましょう。

■RAID1のミラーリング
2台以上のストレージを用い、それぞれに同じデータを書き込み込む、1台のストレージが故障してもデータが保護されます。

■RAID01と10のミラーリングとストライピングの組み合わせ
4台以上のストレージを用い、RAID0の高速性とRAID1の信頼性を組み合わせます。
実際に記録媒体として利用できるのは搭載台数の半分になります。

■RAID5のパリティ分散型ストライピング
3台以上のストレージを用い、誤り訂正符号データ(パリティ)を分散して書き込むことで、故障がでてもデータが保護されます。
記録媒体して利用出来るのは搭載台数から1台分を削ることになります。
 

«   »

カテゴリ


PC World