パソコンの拡張スロット

デスクトップパソコンは、拡張カードなどを増設して機能の追加や性能の向上を行うことができます。パソコンの拡張スロットについて説明します。

■拡張スロット
拡張スロットの数などはマザーボードのフォームファクターに大きく依存しています。
拡張スロットを良くしたいと考えてもマザーボードは交換の難しいパソコンパーツなので通常は制限がつきます。

■拡張カードの増設
拡張カードを増設する場合は、マザーボードの拡張スロットの仕様と取付スペースを考慮する必要があります。

■大きなフォームファクター
大きなフォームファクターほど多くの拡張カードを増設でき、機能追加や性能向上を行う事ができます。
パソコンケースもそれに合わせて、ミドルタワーやフルタワーのように大型になります。

■拡張スロットのタイプ
主な拡張スロットのタイプは、バージョンや転送速度の違いや形状の違いがあり、PCI Express2.0 x16(8000MB/s)、PCI Express2.0 x1(500MB/s)、PCI(133MB/s)などがあります。

■拡張スロットのレーン数
PCI Expressのスロットはレーン数で表現され、 1レーンはPCI Express x1、4レーンはPCI Express x4、8レーンはPCI Express x8、16レーンはPCI Express x16のようになります。

«   »

カテゴリ


PC World