ゲームパソコンと汎用パソコンの違い

パソコンを購入する際にゲームパソコンと汎用型のパソコンなどで違いが気になることもあるでしょう。ゲームパソコンと汎用パソコンの違いについて簡単に紹介します。

■高性能のグラボ
オンラインゲーム用などのゲーミングパソコンでは、必ずついているのが高性能のグラフィックボードです。
パソコンのスペックを表す数字はいくつもありますが、3Dグラフィックや動画などの重い処理を行うのに直結するパソコンパーツです。

■SSD
SSDはパソコンを完全なゲーム仕様にする場合におすすめです。
SSDはコスパ的に高く付きますので、他のものを詰め込む容量が不足しがちですが、PCの起動時間を大幅に短縮させ、ゲーム起動まで長く待たされることがなくなる利点があります。

■ゲーミングマウス
ゲーミングマウスは、高感度なセンサーがつき詳細な設定ができます。感度の切り替えができ、好みにチューニングでます。
マウスのボタンにキーボードなどの操作を記憶させ、ワンタッチで使えるマクロ機能を持つものもあります。

■ゲーミングキーボード
オンラインゲームではチャットも非常に多くなるので、多機能なキーボードを利用すると便利です。
マクロ機能を専用キーで搭載した高機能なものがある。

■モニター
ゲーム用のモニターは、長時間の使用でも目にやさしく、遅延の発生しないものが望ましい。
液晶モニターは映像の遅延が発生し、液晶パネルの表示によるものと、高画質化処理によるものがあります。

■冷却システム
ゲーミングパソコンは発熱量も多く、冷却対策は重要となります。
多数の冷却ファンを搭載し、吸排気とエアフローの構築を柔軟に行え、メッシュ開口部などのあるケースがおすすめです。
冷水システムは効果が高いのですがメンテナンスが面倒です。
 

«   »

カテゴリ


PC World