iPhoneとAndroidの違い

スマートフォンにおいてiPhoneとAndroidが大きなブランドになっています。iPhoneとAndroidの違いについて説明します。

■使いやすさ
iPhoneは、デザインにかなり気を配っていて、軽く、画面の逆上にも手が届きやすくて片手操作が容易です。

■操作
ボタンがホームボタンのみで、あとはタッチで操作なので、iPhoneはAndroidよりもシンプルでわかりやすい操作が可能です。Androidはメニューボタンで他アプリと連携したり、戻るボタンで、元のアプリに戻ってきたりするのが便利です。

■アプリ
iPhoneのアプリの審査は厳格ですが、Androidのアプリの審査はほぼなしなので、アプリの数はAndroidの方が増加していますが、アプリの信頼性はiPhoneの方が良いといえます。

■スペック
Androidの方がスペック方面で、iPhoneを上回っていることが多く、バッテリー消費が大きめです。しかし、Androidの設定変更で電池持ちを良くすることができます。

■日本語入力
AndroidのGoogle日本語入力(無料)、ATOK(有料)の変換能力は高い。

■ウィジェット・メニューのカスタマイズ
Androidはウィジェットやメニューを自分に便利なようにカスタマイズできます。
 

«   »

カテゴリ


PC World