スマホの紛失時の被害

スマホは便利な反面、紛失するとさまざまなトラブルが起こる可能性があります。スマホの紛失時の被害について紹介します。

■個人情報の流出
特にロック設定などをしていない場合、多くの個人情報が流出してしまう可能性があります。拾った人が持ち主を特定するため以外にも、悪用されることもあります。スマホにはメールのやり取り、連絡先、写真、動画、文書などの各種ファイル情報が大量に入っています。

■情報流出の2次被害
情報が漏れた後は、ネット上に公開されたり、電話番号から詐欺の被害にあうかもしれません。友人の個人情報も流出しているので、関係者にまで被害が及び、知人を装った犯罪もでる可能性があります。

■金銭の被害
Felica機能搭載のスマホなどおサイフケータイの場合は、財布をなくしたようなものであり、楽天EdyやモバイルSuicaなどを残高いっぱいまで使われるかもしれません。オートチャージ設定の場合はさらにまずいといえます。電話やネットショッピングの利用で身に覚えのない請求がくる可能性があります。他にもスマホ本体の損失も挙げられます。

■スマホの情報を失う
外部のサービスと同期していたり、定期的なバックアップ、メモ書きなどをしていない場合は、スマホの全情報を失ってしまうかもしれません。
 

«   »

カテゴリ


PC World