レンタルサーバーとロードバランサ

大きなアクセスが収集するウェブサイトなどのためにロードバランサ(負荷分散装置)などがあります。レンタルサーバーとロードバランサについて紹介します。

■ロードバランサとは
複数のサーバへアクセスを分散する装置のことで、アクセスの非常に多いサイトなどは、サーバーを複数台用意し、負荷を分散し、安定的な運用ができます。

■アクセス量をコントロールできる
外部ネットワークからのアクセス要求を管理し、特定のサーバーに負荷が集中しないようにコントロールする事ができます。

■過負荷になりがちなコンテンツに有効
アクセス数の多いサイトの他に、ストリーミングによる映像配信を行うサイト、大規模システムを扱うサイトでも有効です。

■サーバーがダウンした場合でも
サーバーがダウンした場合に、正常に動作しているサーバーにアクセスを振り分けることもできます。

■多くは専用サーバーで利用可能
専用サーバーにはたいがい付いている機能ですが、共用サーバーではほとんど対応していません。

■一時的なアクセス急増の場合にも
キャンペーンサイトなどで、一時的にアクセスが急増する場合にも有効です。
 

«   »

カテゴリ


PC World