ウェブサイトとPerl

ウェブサイトやアプリなどに利用されるプログラミング言語にPerl(パール)があります。ウェブサイトとPerlについて紹介します。

■Perlとは
ウェブサイトやアプリなど多くのプラグラムに利用されているプログラミング言語の1つで、Practical Extraction and Report Language(実用データ取得レポート作成言語)の略になります。

■言語とインタプリタの違い
一般にPerlと大文字で書き始める場合は言語そのものを、perlと小文字で書き始める場合はPerlインタプリタを表現します。

■Perlの機能
C言語、sed、awk、シェルスクリプトなど他のプログラミング言語の優れた機能を取り入れて、実用性と多様性を重視しています。

■汎用的なプログラミング言語
システムプログラミングやネットワークプログラミングなども可能で、CGIやアプリケーションの作成言語として、広く利用されています。

■インタプリタ型言語
Perlはインタプリタ型言語のため、コンパイルやリンクをして実行ファイルを作成する必要がなく、記述したソースコードをそのまま実行することができます。

«   »

カテゴリ


PC World