ドメインとWhois

ドメイン名の登録者に関する情報はネット上で公開されています。ドメインとWhoisについて説明します。

■Whoisとは
ドメイン名の登録者に関する情報を、誰でもネットで参照できるようになっており、レジストリやレジストラが提供しています。

■Whoisの利用目的
Whoisの主な利用目的として、技術的な問題発生などトラブルの時の連絡、ドメイン名の申請の時に同一ドメインや類似ドメインの確認、ドメイン名と商標等に関するトラブルが発生した時などがあります。

■Whoisの情報
Whoisの掲載情報には、ドメイン名、レジストラ名、ネームサーバー、登録年月日、ドメイン名の有効期限、登録者の氏名・住所・メールアドレス・電話番号などが載っています。

■登録時の名前は本名である必要がない
ドメインを取得する際に登録した名前が使われますが、本名である必要はなく、誰でも参照できるので、通常、ハンドルネームや偽名で登録しています。

■Whoisに載せる情報の選択
ドメイン登録事業者であるレジストラによっては、Whoisに載せる情報をドメイン取得者にするか、登録事業者にするかを選択できますが、自分の個人情報をWhoisに載せて個人情報を流出させても仕方ないので、登録事業者の情報にしておきましょう。

■汎用jpドメインの場合
汎用jpドメインの場合、Whois情報に登録者名を載せなければいけません。

■Whois検索が利用できるサイト
Whois検索が利用できるサービスはいくつもあり、whois情報検索などがあります。
 

«   »

カテゴリ


PC World