ウェブサイトと文字コード

ウェブブラウザは、閲覧するウェブページを自動で識別し、文字コードを判別します。ウェブサイトと文字コードについて説明します。

■文字コードとは
文字や記号の表現の仕方のことで、文字や記号に割り当てられた固有のもののことです。

■日本の文字コード
日本の文字コードは、日本工業規格であるJISコード、UNIXなどで使われるEUC、WindowsやMac OSなどで使われるShift_JISの3種類がよく使われています。

■文字列の統一とUnicode
世界中の多くのコンピュータ上の文字列を統一していくための規格であるUnicodeのUTF-8やUTF-16が使われる傾向にあり、世界標準にあわせてUTF-8を使うサイトが増えています。

■<head>の上部に記述
文字コードは<head>の上部に記述するのが一般的です。

■フリープログラムに多い文字コード
メールフォームや掲示板など無料CGIを利用する場合、文字コードがShift_JISやEUC-JPになっている事も多く、UTF-8を指定してしまうと文字化けが発生します。

■文字コードの混在による文字化け
文字コードが混在しているサイトは、文字化けを引き起こすので、ウェブサイトかプログラムの文字コードを合わせる必要があります。
 

«   »

カテゴリ


PC World