光回線の工事の内容

インターネットの光サービスを利用するには、フレッツ光などの回線事業者による光回線の工事が必要になります。光回線の工事の内容について簡単に紹介します。

■工事は2つある
NTTフレッツなどの回線事業者によるによる光回線の導入工事とプロバイダによる回線工事があります。

■光回線は利用エリアが存在する
光回線網は全国規模で普及していますが、基幹になる幹線は導入されていても支線への枝分けなどがされていません。

■エリア確認
電話番号と住所の詳細を告げてエリア確認をしてもらうことになります。

■光回線の工事の日数
光回線の導入工事は1日から2日程度で終了することがほとんどです。申し込み後、工事終了までの期間は大体1週間から1か月ほどかかります。年度末などは予約が込むので、さらに時間がかかることが予想されます。

■最近の建物は光回線の設備が整っている場合が多い
新規分譲マンション・アパート・賃貸マンションなどでは、すでに光回線の設備が整っている場合がほとんどです。

■古い建物は導入が難しいことがある
建物の構造上、光回線の配管を工事するのに家に穴を開ける必要がある、旧型の配管なので、光回線を引くことができるように大がかりな工事をする必要があるなど、大きな出費が予想される場合など、光回線が難しいこともあります。

■光回線の工事の料金
光回線の開通工事は、現在のところ、キャンペーンなどを展開している場合が多く、ほとんど費用を負担する必要がありません。

«   »

カテゴリ


PC World