ADSLから光への乗り換え方法

インターネットの回線のADSLから光への乗り換え方法について簡単に紹介します。

■乗り換えが簡単
ADSLと光回線は物理的に別の回線なので、ネットが使えない期間を発生させないためには、光回線の工事がADSLの解除より前であればいいので、ADSLの回線解除日を日程ギリギリにする必要はなく、非常に簡単です。

■プロバイダを変更せずサービスプランを変更する場合
ADSLを利用中のプロバイダが光のプランも提供している場合、プロバイダを変更せず、光に移行することができ、手続きは簡単です。しかし、変更手数料は高めになります。

■他社プロバイダに変更する
ADSLから光に乗り換える際に、他社プロバイダに変更するときは、手数料などはかからず、むしろ、キャンペーンがどこのプロバイダでも行われているので、数ヶ月無料やキャッシュバックなどで非常にお得です。

■他社プロバイダ移行でもそれほど手間がかからない
光がつながってるのを確認してから、ADSL回線を解除すればいいので、回線解除日の予約をギリギリまで調整する必要がありません。そのため、他社プロバイダに移行する場合でも手間はそれほどかかりません。

■ネットが利用できない期間をなくせる
なんらかの環境に依存する問題で光回線が利用できない場合に備えて、光がつながった後、ADSLを解除することにしていれば、インターネットが利用できない期間をなくすことができます。

■ひかり電話のナンバーポータビリティの場合
ひかり電話を申し込んでいて、ナンバーポータビリティ(番号移行)を行う場合は、光回線の工事日と同時に自動的にNTTの電話回線が休止します。ADSLの回線がつながっていたとしても、自動的に電話番号が移行されます。
 

«   »

カテゴリ


PC World