パソコンのベンチマーク

ベンチマークというのは特定のパーツの性能(速度)を測ることで、CPU、グラボ、HDD、メモリなどのパソコンパーツがあげられます。

■現在はグラボのベンチマークが主流
昔は、CPUのベンチマーク計測が主流でしたが、現在は、3Dオンラインゲームのために、グラボをベンチマークするのが一般的になっています。

■最近はSSDでも
ハードディスクはSSDが出てきているので、Windowsの起動時間、ゲームアプリケーションの起動時間、ゲームデータのローディング時間などもベンチマークすることが普及してきました。

■オーバークロック
オーバークロックをする方にもパソコンの性能を数値化する上で、ベンチマークは必須です。

■ゲーム用のベンチマークソフト
3DMARK、MHFベンチマーク、FFXIヴァナディールベンチなどがあります。

■通常のベンチマークソフト
ユーザエクスペリエンス(Windows7)、Super Π(スーパー・パイ)、Crystalmark 2004r3、HDBENCHなどがあります。

«   »

カテゴリ


PC World