WiMAXは一部の交通機関で利用できる

WiMAXは、屋内や高速で移動する乗り物での利用では、つながらないことが知られています。
屋内については、窓際にモバイルルータを配置することで、解決できますが、高速で移動する乗り物についてもアンテナ設置でつながるようになります。
そのため、WiMAXは一部の交通機関で利用可能です。次世代規格のWiMAX2では、初期仕様で改善される予定です。

■空港、鉄道、地下鉄、地下駅
空港、鉄道、地下鉄、地下駅などつながる場所が順次増えています。サービスエリア

■トンネル走行中も
トンネル内でもアンテナ設置にともない、トンネル走行中も接続可能です。

■アンテナは約200m
アンテナの有効範囲は約200mなので、設置されていれば、だいたい安定してつながるはずです。

■MVNO業者も
UQ WiMAXから回線を借りているMVNOプロバイダも同様に利用可能のはずです。
 

«   »

カテゴリ


PC World