WinとMacの違い

市場は圧倒的にWindows(ウィンドウズ)のパソコンが占めていますが、Mackintosh(マッキントッシュ)は安定的に一部のシェアを持っています。そのWinとMacの違いを簡単に紹介します。

■WinとMacは操作もキーボードも違う
最初から操作方法を覚えるほどではありませんが、操作方法は随分違うので、Winの経験はあんまりいかせません。まったく別のものぐらいに違います。

■MacはPCゲームやオンラインゲームができない
今のゲームソフトは圧倒的シェアのあるWin向けにつくられています。

■Macはフリーソフトが少ない。
ソフトの開発そのものも少ないのでシェアソフトを使わざるをえません。

■Macにもせキィリティソフトが必要
ウィルスのほとんどはWin向けに作られているので、Winのように大量放火の脅威は大きくないがそれでもMacにもセキュリティソフトを入れないと感染します。

■画像や音楽の処理など芸術分野のソフトの互換性
デザインのDTPソフトなどでのフォントが狂わないようにするため、Macを利用する必要がある場合があります。段々と解消されつつあります。

■iPhoneアプリはMacでないと開発・販売ができない
iPhoneアプリのためだけにMacを購入している人もいるでしょう。

■Macのデザインがインテリア
外観、インタフェースのデザインが優れていて、機能性よりもビジュアルを重視している。

■Macは電源を落とさないのがデフォ
Macはスリープ状態の方がむしろトラブルが少ない。利用していない時にメモリ消費などを処理している。しかし、現在のWinOSはスリープ運用ができる。

■周辺機器がMac非対応の場合がある
ほとんどがWin向けなので、Macではうまく接続が行かない場合があります。

◆結論
利用に特別の目的がある場合以外にMacのメリットはほとんどない。
 

«   »

カテゴリ


PC World