おすすめセキュリティソフト

パソコンなどをインターネット上にあるウィルスなどの脅威から身を守るためにはセキュリティソフトの導入は欠かせません。そんなセキュリティソフトの中で2013年度のおすすめを紹介します。

1位:Norton Internet Security


世界シェアNo.1のシマンテック。マルウェア対策、迷惑メール対策、有害サイトブロック、個人情報保護、保護者機能など、総合的に性能が良く完成度が高い。2つに分け合えるNORTON INTERNET SECURITY 2コニコパックもある。
Quorumという技術で、利用者から自動収集された情報で1つずつのプログラムの安全性を評価し、振る舞い検知でも発見できないような新種のウイルスの検出率を上げています。
Quorumは、一度も利用されたことがなファイルはウイルスとして扱われる場合が多く、独自に作成したプログラムを、ウイルスと誤検知する場合があるため、個別に設定するか、一時期的に一部の機能を停止する必要があります。
既知のウィルス検出に圧倒的に強い。しかし、未知のウィルス検出は高い検出率を謳っていてもしれたもので、現在の時点では困難なので考慮すべきではない。
ウィルス検出はなによりも世界的なシェアがものをいいますので、おすすめします。
※要求性能が高めで、昔のパソコンのスペックでは足りないかもしれません。
しかし、殿様商売なのか価格が高く、ぼったくってるとしか。

2位:カスペルスキー  マルチプラットフォーム セキュリティ

スキャンエンジンおよびファイアウォールの性能に優れ、第三者機関で高い評価を得ています。別バージョンのカスペルスキーマルチプラットフォームセキュリティ 1年プライベート版もある。
2013年版からは、「ネット決済保護機能」が追加され、フィッシング、リダイレクトや、仮想環境での接続など多重セキュリティで、安全にネットバンク/決済サイトを利用できます。
シェアは高くないが、様々な仕組みでウィルス検出率を上げていて、検出率は高め。

3位:マカフィー インターネットセキュリティ

2011年版で、クラウド技術を使った「アクティブプロテクション」、「ウェブダウンロードプロテクション」の機能が搭載され、安全性と軽快さが向上。
2012年版では、クラウド技術を使った「ネットガード」を搭載し個人情報保護機能を強化するなど最近は改善してきている。
迷惑メール対策機能が優れています。
世界シェアも高めで、以前はいまいちでしたがここ最近は改善してきた印象です。

4位:ESET Smart Security V5.2

キャノン。高い検出力で動作が軽い。アドバンスドヒューリスティック機能は未知のウイルスの検出力が他と比べて良い。
動作は最も軽く、第三者機関の調査でも非常に軽い。
です。
シェアは低いがウィルス検出率は比較的高い。
要求性能が高くなく軽いのは評価できる。


◆トレンドマイクロのウィルスバスターはセキュリティソフトとしてはいまいち、いや、機能的に穴が多いのに、日本シェアが高いことに広告の影響力を感じます。


 

«   »

カテゴリ


PC World