フレッツ光代理店のメリットとデメリット

回線を申し込む方法はいくつか存在します。そのなかでフレッツ光代理店などの回線代理店のメリットとデメリットを簡単に紹介します。

■NTT正規店に直接申し込む
■家電量販店などで申し込む
■プロバイダで申し込む
■訪問販売などで申し込む
■その他のWEB代理店などで申し込む(フレッツ光代理店など)

NTT正規店に申し込む以外全てが実は代理店になります。パソコンなどの抱合せで回線申込みをする場合でもその家電量販店が代理店になっています。プロバイダの申し込みでwith Flet'sなどで申し込む場合でもプロバイダが代理店になっています。

■NTT正規店に直接申し込む
キャンペーン特典はNTTのものしかついてきません。
NTTの開通時キャンペーン特典は、代理店経由で申し込んでも付いてくるので、どこかの代理店経由で申込みをすれば、公式特典と代理店特典を受け取るできます。

■家電量販店などで申し込む
パソコンを購入するタイミングでなおかつ購入するパソコンにそのキャンペーンが適用されるなら悪くありません。かなり割安になるはずです。
しかし、パソコンの機種が限定され、プロバイダやプランが決められてしまい、余計なオプションがついてくるとなると結局、サービス料金が割増になるのであんまり得した気がしません。

■プロバイダで申し込む
手間が省けるのは楽で、抱き合わせ特典はささやかなお得感があります。

■訪問販売などで申し込む
おそらく、最もやってはいけないやり方でしょう。
訪問販売員は、口ではお得だといいながら、プランなども余計なオプションのついてるサービスの契約を勝手にしてしまうことがあります。
特典もあんまりお得ではなく、トータルで確実に損をすることになります。
まるでNTTの職員のように名乗り、悪質な詐欺まがいの強引な勧誘も珍しくなく面倒で邪魔としかいえません。

■その他のWEB代理店で申し込む(フレッツ光代理店など)
一般に、家電量販店やプロバイダと比較して、破格のキャッシュバックやプレゼントなどの特典がつき、オプションなしのフレッツ光のみでも高額キャッシュバックが珍しくありません。
プレゼント特典は在庫処分も兼ねているのかもしれませんが、非常にお得です。
NTTなどは代理店へ販売手数料を支払いシェアを拡大、代理店はキャッシュバックや景品などで契約をとり、申込者は特典を得るというビジネスモデルで確立しています。

◆解約の際は
サービスを解約するときは代理店に連絡しても仕方ありません。必ずプロバイダと回線事業者(フレッツ光など)に連絡しましょう。

«   »

カテゴリ


PC World