光とADSLの比較

インターネットが普及して、光回線契約者も大幅に増加しました。しかし、ADSL回線利用者もいまだ多くの人が利用しています。光とADSL回線の特徴の比較を簡単に紹介します。

◆光回線
■工事期間が長い場合がある
■電話回線を廃止にすることで料金を安くできる場合がある
■安定した速度を維持
■回線速度は速い
■共有線なので理論値よりかなり遅くなる場合がある
■解約時に回線撤去工事費がかかる場合がある
■乗り換えが面倒
■初期費用は無料から30,000円位
■月額料金は5,000円から7,000位で高め
■マンションでは管理者の許可がいる
■ひかり電話が利用できる

◆ADSL回線
■工事がないのですぐ開通できる
■NTT基地局から遠いと通信速度が遅くなる
■ノイズに影響を受けやすい
■回線速度は遅い
■専用線なのでほぼ理論値通りの回線速度
■解約時に料金がほとんどかからない
■乗り換えが簡単
■初期費用は無料から10,000円位
■月額料金は2,000円から5,000円位で安め
■マンションで管理者に許可がいらない

◆共通
■IP電話が利用できる
■無線LANが利用できる

◆光回線
■工事期間が長い場合がある
回線が接続されるまで1ヶ月から3ヶ月程度かかります。最近では1、2週間で工事が完了する地域も増えています。光ファイバーがあらかじめ引き込まれているアパートやマンションの場合は、約1週間で開通となる場合もあります。

■電話回線を廃止にすることで料金を安くできる場合がある
インターネットをするために電話回線を増やした人などは光電話にするかして電話回線を廃止にするとADSLの時よりも光の方が毎月500円位安くできる。

■安定した速度を維持
光ファイバー専用回線なので、距離や外的要因による影響は受けず、安定した速度を確保でき、ノイズなどによる信号の減衰が少ないために、上り下りも関係ない。

■回線速度は速い
下りは100から1,000Mbps、上りは100から1,000Mbps。

■共有線なので理論値よりかなり遅くなる場合がある
1本を最大32人で共有しているので、回線速度を32人で分ける場合も当然存在する。

■解約時に回線撤去工事費がかかる場合がある
通常は無料だが、光回線の配線状況により回線撤去工事費がかかることもある。

■乗り換えが面倒
光ファイバーの撤去が必要で、時間やお金がかかる。

■初期費用は無料から30,000円位
キャンペーンなどで通常はかからない。

■月額料金は5,000円から7,000位で高め
サービスで変動するが、大体高めになる。

■マンションでは管理者の許可がいる
管理者の許可が必要で1棟、管理組合単位で申込がする場合もある。

■ひかり電話が利用できる
普通の電話や携帯でも問題ないので気にしない場合も多いが、NTTの電話回線がなくても利用でき、ナンバーポータビリティや通話料でも便利なことも多い。

◆ADSL回線
■工事がないのですぐ開通できる
通信に従来の電話回線を使用するため、工事の必要がなく1、2週間程度でインターネットが開通できる。

■NTT基地局から遠いと通信速度が遅くなる
「伝送損失」でインターネット接続地点からNTT基地局から遠いと通信速度が遅くなります。

■ノイズに影響を受けやすい
通話によるノイズやその他家電製品によるノイズなどにも影響を受けやすく、時間帯や状況によっては速度が大きく変化する場合がある。

■回線速度は遅い
下りは最大50.5Mbps、上りは最大12.5Mbps。

■専用線なのでほぼ理論値通りの回線速度
1本を1人で独占しているので、理論値の速度に近い速度がでる。

■解約時に料金がほとんどかからない
通常は無料かADSLモデムの返却送料のみ。

■乗り換えが簡単
連絡とモデム返却だけ。

■初期費用は無料から10,000円位
キャンペーンなどで通常かからない。

■月額料金は2,000円から5,000円位で安め
サービスなどで変動するが大体安め。

■マンションで管理者に許可がいらない
各部屋単位で簡単に申し込みできる。


◆共通
■IP電話が利用できる
■無線LANが利用できる

«   »

カテゴリ


PC World