高速モバイルの通信キャリアのシェア

高速モバイルの通信キャリアのシェアの目安がつくものはないものかと思って調べてみました。カカクコムに満足度ランキングが載っていましたが、知りたいのは満足度ランキングではない。

そこで、au、ソフトバンク・イーモバイル、ドコモの携帯電話キャリアのシェアに注目します。はっきりいって参考程度のもので、ガラケーもスマホも区別できず単純な比較はできませんが、おおよそどこが優勢なのかの目安はつきます。


引用:携帯電話・PHS契約数|社団法人 電気通信事業者協会(TCA)
引用:いよいよ夏商戦 MNPの転出数を改善するドコモ――2012年6月契約数 - ITmedia プロフェッショナル モバイル
純増数の推移。イーアクセスは2011年12月分から情報の提供を取りやめている


引用:同上
純増シェアの推移。2011年12月分以降は、イー・アクセスを除く3社のみのシェア


引用:同上
MNP利用状況の推移。イーアクセスは、MNPの実績についても非公開
 

グループ名 2012年6月純増数 累計
NTTドコモ 1万1300 6039万5700
KDDI 12万6500 3567万5100
ソフトバンクモバイル 22万2300 2970万2100
イー・アクセス 非公開 非公開
携帯総計 36万100 1億2577万2900

引用:同上
 

MNP利用状況 差し引き
NTTドコモ -6万3400
KDDI 3万5900
ソフトバンクモバイル 2万8400
イー・モバイル -900(推定)

引用:同上
 

UQコミュニケーションズ 2012年6月純増 累計
UQ WiMAX 24万5200 290万6000

引用:同上
KDDIのauの純増数を上回る結果で、300万契約に達するのも時間の問題。WiMAXもKDDIグループなのでKDDIが力をつけているのがわかります。

ドコモはシェアが増加数の低迷に、転出数が急増して激減しているとはいえ、昔の財産があるので、まだ、十分なシェアがありそうで、ドコモXiもそれなりのシェアがありそうですが大半はガラケーかもしれない。

KDDIとソフトバンクは、単純な増加数に加えて、ドコモの転出者を分け合う形で、急増しているので、スマホの割合が大きそうです。

KDDIグループのWiMAXとイーモバイルの会社イーアクセスを完全子会社化したソフトバンクのSoftBank 4Gもシェアを大きく獲得していると推測できます。

やはり、iPhone取り扱いの影響が大きいですね。

«   »

カテゴリ


PC World