WordPress向けレンタルサーバー

WordPressは動的ページを生成するので、常に負荷がかかっています。そのため、データベースが1つしか作れない場合、接頭語を変えることで、いくつも作れるように思えますが、実際はインターナルサーバーエラーを頻発させることになります。そのため、WordPress向けのレンタルサーバーとしていくつかおすすめを紹介します。

1位:エックスサーバー
WordPressサイトを大量にマルチドメイン無制限で運営でき、大きめの容量、安定稼働率、電話サポートがある。MySQL30個で転送量が月150G。過度にアクセス数が上昇しても、X20プランにアップグレードもできる。

2位:チカッパ
チカッパプラン 詳細はこちら
ロリポップのワンランク上のチカッパプランはコストパフォーマンスが良く、マルチドメイン100個、転送量は日10G。

3位:ミニバード
格安にしては、割合高めのスペックで、MySQLが5つまで使用できる。ロリポップのロリポプランと同料金で、容量は2倍以上。

ファイアバード
マルチドメインが無制限で、容量が50GB。MySQLが10個利用できるが、電話サポートなし。

さくらインターネット
料金が500円で安く、MySQLが20個使える。しかし、容量は10G。障害は多めかもしれないが、安定感はある気がする。

«   »

カテゴリ


PC World