目に優しいモニター

パソコン操作の時間が増えるにつれて、モニター(ディスプレイ)の画面を見る時間も増えていくことになります。目の負担を和らげるために、購入するモニタも選ぶ必要があります。

目に優しいおすすめモニター

現在、液晶パネルには構造の違いで、安価で普及しているTNパネル( Twisted Nematic )、VAパネル( Vertically Aligned )、そして高級機に使われるIPSパネル( In - Plane Switching )があり、IPSにはさらに、H-IPSというものがあります。

TN→VA→IPSの順に、視野角特性、コントラスト比、グラフィック用途が総合的に改善されますが、逆に、価格は上昇します。ちょっと前までは、手が出せないくらい高かったのですが、最近は2万円以下で、応答速度もそれほど悪くないモデルが出てきています。

また、価格に関係なく、パネルがグレア(光沢あり)・ノングレア(光沢なし)などが選べますが、ノングレアを強く推奨します。家電量販店で見れば、グレアのものは画面が綺麗に見えますが、ギラつきなどがあるため、ノングレアと比べて、強く目に負担がかかります。


引用:液晶モニターQ&A | Q8. 長時間作業して一番疲れないモニターの種類はどれでしょうか? | Shuffle by COMMERCIAL PHOTO

«   »

カテゴリ


PC World