パソコンの国内シェア

パソコン購入の目安にするのが、シェアだという人も多いでしょう。、たくさん売れているんだから、品質がいいに違いないというわけです。今なら、2012年の国内シェアを参考にするのでしょうか。

しかし、パソコンでは、シェアを大きくする要因は広告費を出して有名にする、法人に大量に売るなど、評判、人気や性能とは関係ないところで決まっていることが多いので、価格と品質が釣り合っていないことも多いのです。

また、市場でシェアを占めるブランドネームでパソコンを売っているメーカーは、大概が電化メーカーの延長なので、パソコンの品質にこだわっていませんので、シェアも参考程度にしたほうがいいでしょう。


引用:2011年国内パソコン出荷概要 - 株式会社 MM総研


引用:2011年国内パソコン出荷実績、メーカーシェアトップ3は前年と変わらず | 経営 | マイナビニュース

引用:2010年国内PC市場、出荷台数は過去最高もメーカーシェアは昨年と同じ | 経営 | マイナビニュース

日本HPは法人向けに強く、DELLも法人で約8割を占め、個人向けは2割程度といわれている。Appleは一時的に世界の出荷台数シェアでHPを抜いたりするなど好調。

«   »

カテゴリ


PC World