ホーム> パソコン全般 > | パソコン関係 > 2in1パソコンでタブレットとノートパソコン

2in1パソコンでタブレットとノートパソコン

ノートパソコンとタブレットの両方のスタイルを良いとこ取りした製品が2in1パソコンです。要はどちらとしても使えるパソコンで、2in1パソコンの話を簡単に紹介します。

■2in1パソコンとは
一応はタブレットとしてもノートパソコンとしても使えるパソコンです。
タブレットの最大の良さは軽く持ち運びに便利であることです。
ただ、ちょっと複雑な操作を使用とする時は、タッチパッド付きキーボードがあれば便利ですね。
外観はタブレットとキーボードの2つがセットになったパソコンで、分離したり回転したりします。

■キーボード着脱式
タブレットが本質のパソコンです。
多くの人が2in1パソコンを想像する上で、挙げるのがキーボード着脱式のパソコンだと思います。
普段はタブレットとして扱えてタッチ操作では面倒なことも、キーボードにつなげるとノートパソコンのように使用できるわけです。
若干、高価になるとキーボード部分にGPUやバッテリーを内臓していて、少し重量のあるノートパソコン並みの機能を実現できます。
タブレットに外付けキーボードという選択でもキーを打ちやすいのですが、流石にバッテリーとか難しいですからね。

■キーボード着脱式その1のカバータイプ
キーボードのカバーで台座をつくったり、キーボードを傾けて設置できます。
不安定で、角度も修正できません。
キーボードが貧弱である傾向が多いですが、そこは改良されつつあります。

■キーボード着脱式その2のヒンジタイプ
タブレットとキーボードがヒンジによって物理的にしっかり固定することができます。
ヒンジなので、角度の調整ができ、取り扱いはノートパソコンとほとんど違いはありません。
しかし、ヒンジタイプのキーボード部分はどうしても重量が出てしまいますので、持ち運びはタブレットだけというスタイルが多くなるでしょう。
ただ、キーボード側についてるHDDはシリアル接続ではなく、USB接続なので内臓といいつつ外付けになります。
そのため、ソフトウェアでも内臓ストレージにしかインストールできないものはキーボード側のHDDには入れることができません。
ですので、ノートパソコンとしては同水準の物と比較して、若干、劣った物になります。

■キーボード着脱式その3の溝はめタイプ
キーボード側に溝がついていて、タブレットをしっかり固定することができます。
固定してはまっているので、安定しますが、ヒンジタイプ程ではなく、また、細かい角度の調整もできません。

■キーボード回転式
ノートパソコンが本質のパソコンです。
キーボード部分が360°回転させることができ、形状はタブレットに見えなくもないパソコンです。
ただ、キーボード部分がついていることに変わりはありません。
キーボード部分が薄型で軽量になればなるほど、キーがタイプしづらくなるジレンマがあります。
ですが、スペック的には同価格水準の場合、着脱式を確実に上回ります。
正直なところ、自分的に回転式はコレジャナイ感があります。
 

はてなブックマーク livedoorクリップに追加 Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク Buzzurlにブックマーク

アーカイブ

ホーム> パソコン全般 > | パソコン関係 > 2in1パソコンでタブレットとノートパソコン

おすすめパソコンメーカー
おすすめプロバイダ
おすすめレンタルサーバー
おすすめSSL証明書代理店
おすすめネットバンク
アフィリエイト(ASP)
フィード
Follow me
携帯、スマートフォン対応
ブラウザ環境でうまく表示されません。

このページの最初に戻る