ホーム> パソコンの機能 > | パソコン関係 > スティック型パソコンとは

スティック型パソコンとは

パソコンの小型化や持ち運びできるスマートフォンなどに続き、テレビや液晶ディスプレイをパソコンにする端末が出てきた。

■スティック型パソコンとは
テレビや液晶ディスプレイのHDMIに挿すとパソコンとして利用できるようになる。大きさはポケットサイズぐらいの小型で省スペース。

■スティック型パソコンの機能
小型のUSBメモリサイズの本体に通常のパソコン機能が詰め込まれていて、ディスプレイのHDMI端子に接続するだけで、テレビをAndroid端末化できる。

■スティック型パソコンの中身
中身の基盤には、CPUやメモリ、ストレージが搭載されています

■スティック型パソコンの携帯性
大きさ的に端末は高性能にはできませんが、持ち運びすらできるほどのサイズです。

■周辺機器は
フルサイズのUSBポートは1つしかないのでマウスやキーボードはBluetoothなど無線で使えるものの方が良い。
USB用のタコ足もできなくないが別途、機器が必要になる。

はてなブックマーク livedoorクリップに追加 Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク Buzzurlにブックマーク

アーカイブ

ホーム> パソコンの機能 > | パソコン関係 > スティック型パソコンとは

おすすめパソコンメーカー
おすすめプロバイダ
おすすめレンタルサーバー
おすすめSSL証明書代理店
おすすめネットバンク
アフィリエイト(ASP)
フィード
Follow me
携帯、スマートフォン対応
ブラウザ環境でうまく表示されません。

このページの最初に戻る