ホーム> セキュリティ > | パソコン関係 > HDDの基本ソフトに感染するスパイウェア

HDDの基本ソフトに感染するスパイウェア

パソコンにはコンピュータウィルスに対しての対策は備えていますが、それだけでは対処できないものがでてきているようです。なんとHDDの基本ソフトに感染するスパイウェアがあるらしいのです。

■HDDのファームウェアに感染するマルウェア
セキュリティ対策ソフト大手のKaspersky(カスペルスキー)が「主要メーカー製のHDDの基本ソフト(ファームウェア)に感染するタイプのマルウェア(スパイウェア)が見つかった」と発表しました。

■対処が難しい
システムの仕組み上、このマルウェアをセキュリティソフトで駆除することは難しい。
HDDのファームウェアは、WindowsなどのOSが起動する前に動く基本プログラムであることから、ファームウェアに感染したマルウェアをセキュリティソフトで削除することは理論上困難です。

■更なる問題
HDDをフォーマット(初期化)したところで問題が解決することはなく、さらにはOSで制御している暗号化機能が突破される可能性すらある。

■現在の被害事例
HDDのファームウェアに感染して情報収集をする新手のマルウェアで、30カ国のPCからこのマルウェアの感染例が発見されており、感染ターゲットは各国の政府関係機関、軍事機関、通信会社、金融機関、原子力研究者、メディア機関、イスラム主義活動家などで作成したのはEquation groupとよばれる大規模なハッカー組織とのことです。

引用:GIGAZINE
同上:Reuters
同上:Equation group questions and answers

はてなブックマーク livedoorクリップに追加 Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク Buzzurlにブックマーク

アーカイブ

ホーム> セキュリティ > | パソコン関係 > HDDの基本ソフトに感染するスパイウェア

おすすめパソコンメーカー
おすすめプロバイダ
おすすめレンタルサーバー
おすすめSSL証明書代理店
おすすめネットバンク
アフィリエイト(ASP)
フィード
Follow me
携帯、スマートフォン対応
ブラウザ環境でうまく表示されません。

このページの最初に戻る