ホーム> Windows > | パソコン関係 > 現役XPのための巨額サポート

現役XPのための巨額サポート

パソコンのOSとして長く利用されてきたWindows XPの正式サポートは終了していますが、代替OSへの移行は終わっているわけではありません。

■個別に延長契約
官公庁や政府系機関、大手金融機関が個別にマイクロソフトとXPの有料のサポート延長契約を結ぶケースがある。

■各国政府
英国政府の場合、XP、Office 2003、Exchange 2003を含む今後1年間のサポートのために550万ポンド(約9億5000万円)を支払うことで合意している。
オランダ政府、カナダ政府、米国政府の関係機関などもマイクロソフトとカスタムサポートの契約を行い、契約によっては1000万ドル(約10億2000万円)を超えるケースもあるようだ。

■金融機関
全世界のATM機の95%が組み込み用のXPを搭載しているといわれており、大手銀行も軒並みカスタムサポートを利用したと見られている。


引用:日経トレンディネット

はてなブックマーク livedoorクリップに追加 Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク Buzzurlにブックマーク

アーカイブ

ホーム> Windows > | パソコン関係 > 現役XPのための巨額サポート

おすすめパソコンメーカー
おすすめプロバイダ
おすすめレンタルサーバー
おすすめSSL証明書代理店
おすすめネットバンク
アフィリエイト(ASP)
フィード
Follow me
携帯、スマートフォン対応
ブラウザ環境でうまく表示されません。

このページの最初に戻る