ホーム> パソコン全般 > | パソコン関係 > 企業はWindows8を避ける

企業はWindows8を避ける

Windows8はタッチ操作に最適化したもので、2012年10月にリリースされた。ただ、そのWindows8にユーザーの特に企業の多くが導入を見合わせ追随していないことがわかった。

■法人PC市場が絶好調でわかったこと
2013年7月より2桁成長で、同年10月以降は前年比50%以上の延びを記録していたが、その買い替えに選んだOSはWindows7であった。
企業にとってOSの買い替えなどは一大イベントでそうそう頻繁にするものではないから、通常は最新バージョンを選択することが多い。
その手間を掛けてまで前世代のバージョンを選択するのはWindows8を導入するのにかなりの抵抗感があるといえる。

■Windows8に後ろ向きな要因
デバイスのタッチ操作に最適化されたWindows8は今までの操作と異なり、企業に二の足を踏ませる要因になっているのは間違いない。
そして、もうひとつはインフラ環境がWindows7の利用を前提にしていることがWindows7利用に一定の流れを作りだしているといえる。

■今後のWindows8
マイクロソフトは今後のマイナーチェンジの中で馴染めない層にも抵抗感を解消してもらうため、どのように機能を改善、改良していくかを模索するだろう。
 

はてなブックマーク livedoorクリップに追加 Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク Buzzurlにブックマーク

アーカイブ

ホーム> パソコン全般 > | パソコン関係 > 企業はWindows8を避ける

おすすめパソコンメーカー
おすすめプロバイダ
おすすめレンタルサーバー
おすすめSSL証明書代理店
おすすめネットバンク
アフィリエイト(ASP)
フィード
Follow me
携帯、スマートフォン対応
ブラウザ環境でうまく表示されません。

このページの最初に戻る