ホーム> パソコン全般 > | パソコン関係 > パソコンのホコリの障害と掃除

パソコンのホコリの障害と掃除

パソコンの故障の1つがホコリによる様々な障害によります。パソコンのホコリの障害と掃除について紹介します。

■ホコリによる障害のケース
吸気口やヒートシンクに詰まる。
排熱がうまく動作せず冷却能力が低下する。

■ホコリの障害による不調
動作しない、リセットがかかるなど、熱暴走でシャットダウンなどの問題が起きます。

■ホコリの詰まる場所
フィルター、放熱フィン、CPUクーラー、グラフィックボード、電源周り、ケースの空気の取り込み口などがあります。

■ホコリの掃除の仕方
市販のエアダスターで、定期的にホコリが溜まった場所に重点的に吹きかけを行う。
屋外で、CPUクーラーのエアスリット部分と、本体の吸気孔付近を中心にエアダスターでホコリを飛ばす。
飛ばしきれないところは綿棒やブラシで落とすことにするが、コンデンサやコネクタには注意する。
 

はてなブックマーク livedoorクリップに追加 Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク Buzzurlにブックマーク

アーカイブ

ホーム> パソコン全般 > | パソコン関係 > パソコンのホコリの障害と掃除

おすすめパソコンメーカー
おすすめプロバイダ
おすすめレンタルサーバー
おすすめSSL証明書代理店
おすすめネットバンク
アフィリエイト(ASP)
フィード
Follow me
携帯、スマートフォン対応
ブラウザ環境でうまく表示されません。

このページの最初に戻る