ホーム> パソコンストレージ > | パソコン関係 > ブルーレイディスクの普及状況

ブルーレイディスクの普及状況

ブルーレイディスクが各媒体に登場して時間が経ちますが、より使われている分野とそうでない分野に分かれているのがブルーレイディスクの状況です。

■各記録媒体の状況
記録媒体としてDVD、HDD、BDなどが主流になってきて時間が経ちますが、VHSからDVDの移行の時ほどBDは人気が出ないようです。

■BD
ライブ映像などの高画質と高音質が必要なものには大きく影響しており、また、アニメなどでもBD版で大画面の高画質を楽しみたいという場合もあります。
ディスクは安くなってきましたがレコーダーがまだ高いというのもあります。

■DVD
パソコンでもテレビのレコーダーとしても現在、一番利用が広がっている記録媒体です。
BDのレコーダーの価格の下落で、徐々にシェアが小さくなると予想されます。

■HDD
ディスク媒体はどうしても場所を取りますが、HDDはその進歩に伴って記録容量は増加し移し替えていくことも簡単ですので、HDDには利便性と快適性があります。
しかし、HDDはデータが飛ぶこともありますので、2台による運用かディスクで定期的にバックアップを取るといいでしょう。
 

はてなブックマーク livedoorクリップに追加 Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク Buzzurlにブックマーク

アーカイブ

ホーム> パソコンストレージ > | パソコン関係 > ブルーレイディスクの普及状況

おすすめパソコンメーカー
おすすめプロバイダ
おすすめレンタルサーバー
おすすめSSL証明書代理店
おすすめネットバンク
アフィリエイト(ASP)
フィード
Follow me
携帯、スマートフォン対応
ブラウザ環境でうまく表示されません。

このページの最初に戻る