ホーム> インターネット > | プロバイダの基礎知識 > ネット回線の有線と無線の違い

ネット回線の有線と無線の違い

インターネット回線は有線と無線で違いがでてきます。ネット回線の有線と無線の違いについて紹介します。

■有線LAN
基本的には有線LANの方が速くて安定している。
ただ、さまざまな機器や回線を通しているので、ルータや物理的回線の能力、距離、遮蔽物、停電、物理的な回線の不具合などでも大きく変化する。

■無線LAN
基本的には電波は不安定で有線よりは遅い。
有線よりは、個々の回線設備ごとの影響が少なく、共有化や周りの人の利用状況で受ける影響も小さい。

■無線の更なる高速化
ただ、最近の無線の速さは場所にもよるが、一昔前のADSL以上の速さが出せるようになってきている。
LTEやWiMAXなどの出現で、無線の更なる高速化が実現できそうである。
 

はてなブックマーク livedoorクリップに追加 Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク Buzzurlにブックマーク

アーカイブ

ホーム> インターネット > | プロバイダの基礎知識 > ネット回線の有線と無線の違い

おすすめパソコンメーカー
おすすめプロバイダ
おすすめレンタルサーバー
おすすめSSL証明書代理店
おすすめネットバンク
アフィリエイト(ASP)
フィード
Follow me
携帯、スマートフォン対応
ブラウザ環境でうまく表示されません。

このページの最初に戻る