ホーム> Windows > | パソコン関係 > Windows 8のチャーム機能

Windows 8のチャーム機能

Windows 8になって登場したスタート画面の変化にチャーム機能がある。Windows 8のチャーム機能について紹介します。

■チャーム(Charm)とは
画面右端に表示されるツールバーで、起動中のWindowsストアアプリに対する共有や設定なども行うためのバーである。

■チャームの呼び出し
チャームの呼び出しは、マウスポインタを画面右下に移動させるか、キーボードのWindowsキー+Cキーで行えます。

■WindowsのUIが大きく変化
Windows 8のユーザーインターフェースが大きく変化し、従来のスタートメニューにおける部分をスタート画面が担い、検索などその他の機能を担うチャームがある。

■UXの共通化
Windowsはユーザーエクスペリエンスの共通化を目指し、異なるWindowsストアアプリでも同じ方法で使用できることを目的にしています。
従来のWindowsアプリでは、各アプリが独自に検索機能や共有機能を実装していて、アプリごとに操作手順を覚える必要がありました。

■チャームバーの機能
チャームバーを起動すると、検索、共有、スタート、デバイス、設定と五つの機能を呼び出すボタンを表示します。

■検索チャーム
ファイル、アプリケーション、Windows 8の設定項目などを検索します。

■共有チャーム
起動中のWindowsストアアプリのコンテンツを友人へ送信します。
フォトなどで閲覧している内容をそのままメールやSkyDriveで共有できる。

■デバイスチャーム
ディスプレイなど対応するデバイスへ、Windowsストアアプリのコンテンツを送信します。
Windows 8に対応するメディアデバイスが存在すれば、再生中の動画や画像を映し出すこともできます。

■設定チャーム
WindowsストアアプリやWindows 8自身の設定を行います。
 

はてなブックマーク livedoorクリップに追加 Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク Buzzurlにブックマーク

アーカイブ

ホーム> Windows > | パソコン関係 > Windows 8のチャーム機能

おすすめパソコンメーカー
おすすめプロバイダ
おすすめレンタルサーバー
おすすめSSL証明書代理店
おすすめネットバンク
アフィリエイト(ASP)
フィード
Follow me
携帯、スマートフォン対応
ブラウザ環境でうまく表示されません。

このページの最初に戻る