ホーム> パソコンの機能 > | パソコン関係 > 3D対応パソコンの3D表示方式

3D対応パソコンの3D表示方式

ディスプレイの映像技術も進化し、立体的な映像も表現できるようになってきました。3D対応パソコンの3D表示方式について紹介します。

■3D対応パソコンとは
3D対応ゲームや映画などの3Dコンテンツに対応するハードウェアや周辺機器を搭載したもののことです。

■3Dを見る方法
3D映像を見みためには、偏光方式のモニターやフレームシーケンシャル方式を利用したりと、いくつかパターンがあります。

■偏光方式
モニターに左目と右目用に光を屈折させるフィルターを密着させ、専用のメガネをかけることによって、左右の目で別の映像を見せる方式。
メガネが軽く、メガネ自体に電力を消費せず、ちらつきや画面の明るさの低下が少ない。
1つの映像を同時に左目、右目用に分けるため、解像度が半分になる。

■フレームシーケンシャル方式
交互に左右のレンズの光の通過をさえぎるアクティブシャッター方式のメガネを使います。メガネが重く、電源を必要とし、左右の目に交互に光が入るため、若干ちらつきがある。
解像度はそのままです。

■裸眼3D
メガネを用いずに立体に見える。
大画面だと高価で、解像度が落ちる。
 

はてなブックマーク livedoorクリップに追加 Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク Buzzurlにブックマーク

アーカイブ

ホーム> パソコンの機能 > | パソコン関係 > 3D対応パソコンの3D表示方式

おすすめパソコンメーカー
おすすめプロバイダ
おすすめレンタルサーバー
おすすめSSL証明書代理店
おすすめネットバンク
アフィリエイト(ASP)
フィード
Follow me
携帯、スマートフォン対応
ブラウザ環境でうまく表示されません。

このページの最初に戻る