ホーム> Windows > | パソコン関係 > Windows 8は設定を自動で同期できる

Windows 8は設定を自動で同期できる

Windows 8では連携機能が強化され、ウェブサービスなどにより同期機能がサポートされていて、設定を自動で同期できるようにできます。

■Windows 8の同期機能
Microsoftアカウントでログオンし、SkyDriveなどのウェブサービスとシームレスに連携できます。

■Microsoftアカウントでログオン
Windows 8では従来どおりのWindowsのアカウントに加え、Microsoft ID(Windows Live ID、旧Microsoft Passport)を使ってログオンできる。

■複数台のパソコン同期
MicrosoftアカウントによるログオンとPC管理は、複数のPCを使っている場合、同じMicrosoftアカウントでログオンするPCの設定を同期する機能をサポートしています。

■ほとんどの設定をクラウド上に保存
同期の機能は、壁紙、スクリーンセーバーなどの設定、基本的なOSの設定も、MicrosoftアカウントでログオンしたPCの情報を、クラウド上に保存する機能を持っている。

■自動で同期機能が作動
同じMicrosoftアカウントでログオンした別のPCに対し、保存しておいた設定ファイルを使って自動で同じ状態に設定することができる。

■同期できるもの
現状でも同期できる項目にスタート画面、デスクトップの壁紙、保存したパスワードなどがあります。
 

はてなブックマーク livedoorクリップに追加 Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク Buzzurlにブックマーク

アーカイブ

ホーム> Windows > | パソコン関係 > Windows 8は設定を自動で同期できる

おすすめパソコンメーカー
おすすめプロバイダ
おすすめレンタルサーバー
おすすめSSL証明書代理店
おすすめネットバンク
アフィリエイト(ASP)
フィード
Follow me
携帯、スマートフォン対応
ブラウザ環境でうまく表示されません。

このページの最初に戻る